【保存版】フィリピンでニキビ治療

フィリピン最新情報

フィリピンに滞在している方、または滞在予定の方でニキビに悩んでいる方へ

  • 海外でニキビ治療ってできるの?
  • 日本で治療した方がいいの?
  • フィリピンに来て肌荒れが悪化しているかも。

こんな悩みや不安をお持ちではないですか?

私も同じ悩みも持っていました。

フィリピンで数年間滞在し、最初は治療なんて考えていなかったけど、後々調べるとお得な治療もいっぱいあって、格安で肌をキレイにすることができました。

ニキビ治療以外にも、日本では高価なサービスがフィリピンでは安く受けれたりと、肌質の改善なども可能です。

フィリピン留学など長期でステイされる人は定期的に施術を受けたり、自分でスキンケアしたり、時間がたっぷりあるので是非参考にしてみてください。

この記事では私の成功談をもとにお話しています。

フィリピンの気候とニキビの原因を知ろう

*この写真はフリー素材です。

ニキビ治療はその原因を知らなければ探しようがありません。
なんでニキビができるのか理由を探っていきましょう。

ニキビができる原因トップ3

  1. 汗 (アクネ菌が繁殖)
  2. 紫外線 (メラニン色素に影響)
  3. 乾燥 (毛穴の詰まり)

この3大原因によりニキビができてしまうんです。

しかも、フィリピンにはこのトップ3がもれなく毎日もらえてしまうので要注意が必要です!!

その理由はフィリピンの気候、天気に原因があります。

フィリピンの気候

参照:https://ja.weatherspark.com/countries/PH

毎日めちゃくちゃ暑く、最高気温が40度を越すときもあります。
暑いし蒸し蒸ししているので毎日汗で顔も体もベタベタになります。
さらに紫外線も超強力で昼ごろは肌が弱い人だとヒリヒリすることもあります。

こんだけ暑いと、私たち人間はクーラーの効いている部屋に1日中いるので、冷房による空気の乾燥が気になります。

KIKI
KIKI

暑い日は人間グリルって感じです。
フィリピン留学へ行かれる方は、事前にいろいろと準備をする必要がありそう。

フィリピンでニキビを防ぐ方法 (日焼け止め編)

ニキビ治療のお話ですが、そもそもニキビや肌荒れがおきなければ治療する必要もないので、ニキビ予防を先に紹介しておきますね。

フィリピンでは毎日のように紫外線のシャワーを浴びます。
紫外線って屋外だけではなく、屋内にも壁を通り抜けて入ってくるので厄介なんです。

日焼け止めを使用することで、紫外線から身を守ることが可能です。
この日焼け止めさえしっかりしていれば、肌荒れを起こす比率をグンと減らせます。

日焼け止めの選び方とオススメ商品

フィリピンに1分でも滞在される方は日焼け止めの塗布が必須となります。
日焼け止めなくしてフィリピン滞在は危険です。

◾️日焼け止めの選び方

日焼け止めには「SPF」「PA」といった紫外線防止効果のレベルを表す数値が記載されています。

SPF(Sun Protection Factor)– *紫外線B波の防止レベル
PA(Protection Grade of UVA)– *紫外線A波の防止レベル

SPFレベルは数値で示されており、50以上のものを必ずお使いください。
PAは「+」で表されており、1〜4までレベルがあります。購入するときはもちろんレベル3以上を選ぶようにしてください。

*紫外線A波とB波の意味
A波はシワやたるみの原因になり、B波はシミやそばかす、ニキビの原因になります。

◾️日焼け止めの購入方法

現地でも購入は可能ですが、説明が英語だったり、どこの会社かもわからないのであまりお勧めはいたしません。
出来れば日本から事前に安全な日焼け止めを持参されるほうがいいでしょう。

★フィリピン滞在にオススメの日焼け止め3選

  1. キュレル UVローション SPF50+ PA+++

もともと肌荒れ対策を得意とするメーカーからの日焼け止めなので、赤ちゃんでも使用できて肌に優しく、毎日使う日焼け止めとして最適です。
成分の強い日焼け止めを毎日使うのが不安な方にオススメです。

  • にきびのもとになりにくい処方 ノンコメドジェニックテスト済み
  • 紫外線吸収剤無配合
  • アルコールフリー(エチルアルコール無添加)

2. スキンアクア (SKIN AQUA) 透明感アップ トーンアップ UV SPF50+ / PA++++

こちらの日焼け止めは、塗るだけで肌のトーンアップができるものになります。
光の当たり加減で血色の良いスキンに見せることができるので、留学生活で毎日化粧をしたくない方などにもオススメです。

  • UVカットしながらトーンアップし透明感を引き出す日焼け止め
  • 太陽や光を反射し肌の透明感をあげながら立体的にツヤめく微細なストロボパール配合
  • スキンケア成分配合(ヒアルロン酸Na・リン酸アスコルビルMg・クダモノトケイソウ果実エキス・プルーン分解物・イザヨイバラエキス)

3. スキンアクア (SKIN AQUA) UV スーパー モイスチャージェル 大容量ポンプタイプ

ポンプ式になっているので、1回分の量が調整しやすく、伸びも良いのでスッと肌に馴染みます。ムラも全然できません。
毎日めんどくさいって方は、これ1本で素早く日焼け止め対策ができます。

  • 水のようなつけ心地。4つのうるおい成分「スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アミノ酸、コラーゲン」配合
  • 石けんでするんと落とせます。 顔・からだ用で、化粧下地にもオススメです。
  • たっぷり使えるボトルの110g、大容量ポンプの140gをご用意。

1ヶ月以上フィリピンに滞在される方は、滞在費が色々とかさむので、上記の商品のようになるべくお手頃価格でコスパの良い商品を買いましょう。
高い物を買ってもいいですが、無くしたり間違って大量に出してしまったなどないように気をつけましょう。

最近のトレンド
飲む日焼け止め – サプリのような錠剤を毎日飲むことで、体の内側から紫外線による悪影響を防止します。海に出かける人や、日中も外にいる方などにオススメです。
日焼け対策を徹底的にやりたい方は超オススメです。

マスターホワイト美白サプリ

日焼け防止アイテム

日焼け止めクリーム以外にも、日焼け防止に役立つアイテムがあります。

サングラス、折り畳み日傘、マスク、帽子などUVカット機能の付いた製品

*上記のアイテムは全てU Vカット加工済みのものをご購入ください。

外出されるときに男性ならサングラスと防止、女性なら日傘などUVカット加工がされている製品を持っていると便利です。

長期滞在される方は、別途シャワールームに置ける風呂桶も現地で購入ください。お湯を溜める入れ物がないと、洗顔の時に不便になります。

外出の際のオトモになるので、出来るだけコンパクトで軽量なアイテムを選びましょう。

フィリピンでニキビを防ぐ方法 (スキンケア編)

1日たっぷり紫外線を浴びた後は軽いやけどと同じなので、適切なスキンケアが必要です。
汗まみれの顔をスキンケアで清潔に保ち、肌の調子を整えましょう。

ニキビや肌荒れに効く成分 (抗炎症、抗酸化、殺菌など)

ビタミンC, フラーレン, グリチルリチン酸, イブプロフェンピコノール, イソプロピルメチルフェノール, サリチル酸など

*数多くあるので、代表的な成分を載せています。

ASH
ASH

成分が気になる方はGoogleで調べてみてくださいね!
ニキビ予防にオススメの成分はビタミンCとフラーレンです!

◾️スキンケアのステップ

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液 (重要)
  5. 保湿クリーム
  6. ニキビ治療薬

*スキンケアアイテムは高級なものを持っていかず、いつでも気軽に使えるプチプラなどのアイテムがオススメです。フィリピンへの渡航資金、留学資金へ負担になってはいけないので、安くて良いものを持参しましょう。

1. クレンジング

クレンジングはメイク落としというイメージですが、頑固な角質を取り除いたり、毛穴の奥のたまった汚れを落とすのにも効果的です。
男性でクレンジングをしている人はまだ少ないですが、洗顔だけでは落とせない汚れを落とすという意味で、男性も週に1〜2回のクレンジングをすることがオススメです。

2. 洗顔

ニキビ用の洗顔を使いましょう。
角質ケアやアクネ菌対策の洗顔を使うことで、ニキビや肌荒れの予防が可能です。

3. 化粧水

化粧水は洗顔後1番に行うスキンケアです。
肌を清潔に保つ目的で化粧水を使いますが、化粧水は肌につけた瞬間から体温で蒸発されるので、高いものは必要ありません。
手ごろな価格で、ビタミンC誘導体が入っているものを選びましょう。

4. 美容液

美容液は1番肌に作用するので、しっかりとしたものを選びましょう。
ビタミンC誘導体、フラーレンとヒアルロン酸など保湿成分が入ったものを選びましょう。

5. 保湿クリーム

フィリピン滞在中の夜は必ず冷房をつけっぱなしで寝ます。
乾燥した空気の中にいるので、乾燥による毛穴の詰まりや、皮脂の異常分泌を防ぐためにも保湿はめちゃくちゃ大事です。
保湿不良は全ての肌荒れの原因となり得るので、毎日欠かさずつけましょう。

スキンケアの商品がありすぎて困るって方は便利なニキビケアセットなんかも販売されているので、セットで買って持参するのもいいと思います。

◾️フィリピンでスキンケアアイテムを買う必要がある方へ

日本から持参しなかった、持参していたものがなくなったという方はフィリピンでも化粧水などを買うことが可能です。
あまり品揃えは良くありませんが、英語の表記に注意して購入しましょう。

ビタミンC – 英語でVitamin Cといいます。商品にはよく「VC」と略して表記されていることが多いので、VCと書いてあったらビタミンCのことです。

ヒアルロン酸 – 英語でHyaluronicといいます。読みにくいですが、ヒアルロン酸系の保湿クリームを探している場合は、店員さんに聞いてみましょう。

過酸化ベンゾイル – 英語でBenzoyl peroxideといいます。これは日本の皮膚科専用のニキビの塗り薬であるべピオゲルやデュアックゲルなどに使用されている最もニキビ治療に効く成分です。強い成分なので、皮膚の皮がめくれたりしますが、フィリピンでは医師の診察なしで薬局で購入可能です。カウンターでのみ販売しているので、店員にBenzoylの塗り薬を出してもらいましょう。

フィリピンでニキビ治療

既にニキビでお困りの方、肌質改善をしたい方、フィリピンの美容皮膚科へ行くことをオススメします。

フィリピンは美容大国で、国内にスキンケアサロンや美容皮膚科が沢山あります。
道を歩いているとあちこちで「Skin Care」も看板を見かけます。

スキンケアサロンと美容皮膚科の違い

スキンケアサロンは日本のエステのようなイメージでドクターはいません。
美容皮膚科にはドクターがいますので、安全ですが、料金設定はサロンよりも少し高めです。*高めですが日本と比べてめちゃくちゃ安い

フィリピンではサロンと美容皮膚科は混同しており、店によっては違いがはっきりしない時もあります。
個人的には絶対に美容皮膚科をオススメします。(サロンの店員は適当なことも多い)
「clinic」とか「Dermatology」と書いてあれば病院になるので、そこのスキンケアサービスを受けることをオススメします。

オススメのスキンクリニックとサービス

◾️美容皮膚科での治療

1. 一般的なアクネケアコース

クレンジング▶︎洗顔▶︎スクラブ▶︎蒸気スチーム▶︎*めんぽう圧出▶︎イオン導入▶︎顔パック▶︎保湿クリーム塗布

*めんぽう圧出はニキビの芯を取り除く治療で、フィリピンではどこのサロンや病院でも行われています。痛いですが、これをやるとニキビの治りが早くなります。不要だと思う方は担当者に「No Extraction」と言いましょう。
*フィリピンでサロンにも病院にも行ったからわかるのですが、サロンやサービスが悪いところだと、針を使わずに無理やり器具を押し付けて芯をぶち出そうとします。ちゃんと針を使って優しく圧出を行ってくれるところを見つけましょう。

こんなに贅沢なコースが1回約1000ペソ(2000円ぐらい)で可能です。
病院によってはお得な回数コースなどもあるので、聞いてみてください。

その他にも、シミケアやアンチエイジングや美白*コースなどもあります。
それぞれの目的に合ったコースをお選びください。

だいたい月1回のペースで通えます。(肌荒れを起こしている時はドクターの助言により2週間に1回のペースで行ってました。)

こういったスキンケアコースにはレーザーは含まれていません。
イオン導入で使う美容液が異なるぐらいの違いなので、どのコースでも行う手順は同じと思います。
コースの前にケミカルピーリングも可能なので、メニューにあれば併用で行うとより高価的な治療が可能です。

2. ニキビ注射

赤く腫れ上がっている大きなニキビ、全然治らないニキビなどには「ニキビ注射」をすることが可能です。

ステロイド剤が入った注射となり、ニキビ1箇所で約100ペソが相場です。
日本と違って痛みを軽減する針を使っていないので、冷却材で顔を冷やした後に注射する感じです。
私も何回かやりましたが、痛すぎて吠えました!笑

でもこれをするとめちゃくちゃ早くニキビが落ち着き、ニキビが平になるので物凄くオススメです!

どこのクリニックもメニューに記載はないと思うので、ニキビ注射を希望の方は「Do you have the pimple injection service?」と事前に聞いてみてください。

3. レーザー治療

日本では高価なレーザー治療や脱毛が格安で可能です。
レーザーを取り扱っているお店は多いですが、ちゃんと実績がある場所を選びたいのであれば時間をかけて調べる必要があります。

マニラであれば日系美容皮膚科がクオリティの高いサービスを提供しています。
ゼブではまだ日系が進出しているかわかりません。
*管理人はマニラ・クラークに滞在しています。

フィリピンでお手頃価格で利用できるレーザー治療

Co2フラクショナルレーザー
主にニキビ跡や毛穴の治療

IPLフォトフェイシャル (お勧め)
ニキビによる色素沈着やシミなどの治療で、ニキビの出来にくい肌質を目指します。
日本だと安くて1回1万円以上しますが、フィリピンだと2000ペソ(4000円)ほどで可能です。機器の種類などは直接お店にお問い合わせください。
マスク型のLED治療ではなく、顔の皮膚に直接あてるフォトレーザーを使用した治療のことですので、LED治療と混同しないようにしてください。

カーボンレーザー
顔にカーボンオイルを塗布してレーザーをあてる治療で、皮脂が多い皮膚や毛穴の黒ずみなどに有効です。

美白トーニングレーザー
シミや色むら、色素沈着、肌質改善に適した治療で、フォトフェイシャルとは別のアプローチで治療します。

脱毛レーザー
脱毛を目的としたレーザーです。

フィリピンでのオススメ医院

  • OBATA Beauty Clinic (日系のレーザー専門クリニック)
  • My Skin Balibago (美容皮膚科)

その他、サプリメントの併用などでしっかりとニキビ対策をすることができます。

スキンケアとサプリメントは個別で詳細を更新できたらと思います。

それでは次回もお楽しみに!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました