【過去のお話】used toとwouldの違い

ASH BLOG助動詞
KIKI
KIKI

「以前〜していた」って英語でどうやって表現するの?

ASH
ASH

昔の話をするときは”used to”と”would”を使うんだよ!

「以前〜していた」と過去の習慣について話したいときは、used toとwouldを使います。

この2つの表現にはそれぞれ違いがあるので、ニュアンスによって使い分ける必要があります。

スピーキング中の注意点を含めてこの文法をマスターしていきましょう!

Used toの意味と使い方 (肯定・否定・疑問)

まずused toのuseは「使う」という動詞ではないので混乱しないようにしましょう。

Used toのカタカナ読みは「ユース トゥ」と発音するので、動詞の”used”「ユーズ」と区別するように注意してください。

◾️主語 + used to + 動詞の原形~
*主語の後にbe動詞を入れると全く別の意味になるので、S + used to + V原形で以前〜していたという意味になることを覚えておいてください。

肯定文

KIKI
KIKI

私、高校生の頃はテニスをしてたんだ!引退して今はやってないけどね!

ASH
ASH

I used to play tennis (when I was a high school student)

◾️過去に行っていたけど、今はもう行っていないことにused toを使う

  • I used to wake up at 6am when I was a college student. (大学生のときは朝6時に起きていた)
  • My father used to commute to work by car. (父は車で通勤していた)
  • He used to stay in a big city but already moved out. (彼は大きな街に住んでいたけどもう引っ越した)

過去のことだけど、今はもうやってないという意味になります。
”used to”は今は違うという現在の状況を意識したニュアンスを持ちます。

ASH
ASH

“used to”はどちらかというと今を意識しているから、「昔〜していたんだ」という話よりも「今はしていないんだ」って感じに捉えよう!

◾️上手く使うポイント
昔話をするときは“when”などを使って、いつ頃の話なのか明確にするようにしよう!

否定文

◾️否定文の形
主語 + didn’t + use to + 動詞の原形~
Usedは過去形のフォームなので否定を表すdidn’tの後は原形にする必要があるので”used to”→”use to”に変わります。

  • I didn’t use to cook, but I do for my family now. (以前は料理しなかったけど、今は家族のために料理してるよ)
  • They didn’t use to play video games, but they’re addicted so much. (彼らは以前はゲームをしてなかったけど、今はかなりハマっている)
  • She didn’t use to have enough money for living when she was 20s. (彼女は20代のときは暮らしに必要なお金が十分に無かった)

疑問文

◾️疑問文の形
Did + 主語 + use to + 動詞の原形~?

疑問文でもused to ではなく、原形のuse toが使われます。

  • Did you use to drink a lot like this? (こんな感じでお酒いっぱい飲んでたの?(以前))
  • Did you use to go to the gym when you were young? (若い頃、そこのジムに行ってたの?)
  • Did your mother use to cook for you when you lived in your parent’s house? (実家に居た頃はお母さんが料理してくれたの?)

応用編

ASH
ASH

“used to”は、今は行っていない過去の習慣を表現しているけど、主語が人でなくても使うことができるんだ!

物など人以外が主語のときは、過去の事実が現在ではもうなくなっているという意味になるので、「今はもう無い」というときに使えます。

There used to be – ~があったが今は無い
It used to be – それは以前〜だった

  • There used to be a post office in my town, but they closed 5 years ago. (以前はこの町にも郵便局があったけど5年前に閉鎖した)
  • There used to be a lot of old houses in this area. (以前このエリアにはたくさんの古い家があった)
  • My room is big, but it used to be small. (私の部屋は小さかったけど、今は大きい)

As + 主語 + used to be – 以前と同じように

  • My body is tough as it used to be. (私の身体は以前と同じようにタフだ)
  • Japanese people work hard as they used to be.(日本人はずっと勤勉だ)
KIKI
KIKI

人以外にも使えるんだね!
“used to”の意味は昔とは正反対の事実を述べているって感じだね!

wouldの意味と使い方

Used toと同じように以前のことについて話をしたい場合はwouldを使います。

Wouldは過去の習慣について話したいときに使いますが、used toとは異なり今はどうなっているかというニュアンスはなく、過去の話にフォーカスをしています。

  • I would play the piano when I was a kid. (子供のときはピアノやってたな)
  • They would take many photos whenever they went out. (出かけたときは写真をたくさん撮っていたなあ)
  • She would often join a weekend activity. (彼女週末アクティビティに良く参加していた)

◾️ポイント
Wouldはoftenなど頻度の副詞と一緒に使うことが多いです。

used toとwouldのまとめ

◾️フォーカスしているポイント
Used to – 現在の状況 (今は違うけど昔はこうだった)
Would – 過去の状況 (昔はこうだった)

  • I used to cook everyday. (毎日料理していた今はしていない)
  • I would often cook everyday. (毎日料理していた現在には言及していないので、継続している可能性もある)
ASH
ASH

昔の習慣にフォーカスしたいときはwouldを使って、
もう今はやってないという現在の状況にフォーカスするならused toを使うのがいいね!

下の例文を比べてみてみよう!

  1. I used to smoke but now I don’t.
    (もうタバコは止めたという現在の状況を伝えたい)
  2. I would often smoke a lot.
    (よくタバコを吸っていたという過去の事を伝えたい*今も吸ってるかもしれないし、吸っていないかもしれない。今の状況にはフォーカスしていない)

used toとwouldの違いはわかったかな?
日常会話でwouldはあまり使う機会はないけど、used toとの違いを把握しておくことで、あなたが何にフォーカスしているのか伝えられるようにしておきましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました